顔の乾燥肌に何年も悩んでいました

秋~冬にかけて、顔がカサカサになってきました。
私は、冷え症ってこともあり、冬はスートブの前から離れられない。
職場はエアコンがかかっていいて、ずーっと乾燥しっぱなし(::)
化粧のつきも悪く、嫌になってきちゃう。

母親に「顔がしわしわになってるじゃん!パックあげるから試してごらん。」といわれて、さっそくその日の夜からパックを始めた。
でも、冬はパックもするのも冷たすぎて、2日でやめてギブした。
次はクリームやオールインワンジェルをたっぷり塗って、寝たら、ニキビができてしまって、も~なにをすればいいのか考えて。
「よし、ポットで顔に蒸気をあててみよう」と思いやってみたら、熱いし、顔と前髪がビショビショになって、良いような悪いような・・・・・
それを母親に見られ「何やってるの?危ないよ」って爆笑された。
私は乾燥肌が嫌だったから、家のあるのでなとかならいか、考えて思いついた方法だったけど、ポットの加湿も蒸気をかけた時だけは、顔がしっとりとしていたけど、時間がたつといつもと変わらない、カサカサ肌になっちゃうんだよな~。
今度、洗顔を変えようと思い、今まで体洗うと同じ固形せっけんで顔を洗ってたけど、敏感肌用の洗顔に変えてみた。
最初はぜんぜん変わらないから、諦めていたけど、ほんの少しは、乾燥がよくったような気がした。
これかは、ちゃんと洗顔石鹸で顔を洗うにしよ(^^)

 

肌荒れの悩みを解決してくれたのは、、、

私は友達と飲むお酒が大好きで、外食のたびに夜遅く、または朝までハシゴ酒をして、友達と騒ぐのが好きでした。
それと同時に家でゴロゴロ深夜遅くまでテレビを見るのも好きで、どんだけ朝が早くても毎日深夜2時までは起きてる生活をしていました。

その当時バイトを掛け持ちしていた私は、朝7時起きは当たり前な生活でした。
夜飲んで帰って疲れて酔っ払っている時はメイクを落とさずそのまま寝落ちなんて事もしばしば。

そのせいかその頃は、肌荒れがすごく、思春期の頃肌が荒れず綺麗で羨ましいと周りからも言われていた私が、思春期の頃友達が出来ていた部分的に沢山のニキビが出来るよりもひどい、大きく1つ1つが目立ち治りにくい、なおかつメイクをするたびに痛い大人ニキビが顔全体に出来るようになってしまったのです。

周りの友達や、バイト仲間からはどうしたの?悩みでもあるの?とかすごく肌荒れを心配され、指摘される度に私が一番わかってるよ、、と泣きたくなっていました。

ですがそんな私に転機がやってきます。彼との同棲生活がスタートしたのです。自然と夜遅くまで飲みに行く回数は減り、寝る時間も合わせるため12時前にはベッドに入るという生活リズムになりました。

するとどうでしょう。自然と肌荒れが治っていったのです。彼と寝るようになってからはメイクも絶対落としてましたし、何より夜更かしをあまりしなくなった。これが一番の理由だと思います!最近は酵素も飲み始めてます♪
あとは少しでも肌荒れが治ると、彼が綺麗になったなと口に出してくれるので、心に余裕が出来たというのも大きいでしょうか♪

 

彼氏とその従兄弟夫婦、カップルとの飲みでの忘れたい思い出

5年前のちょうど今頃。
付き合ってまだ1ヶ月も経っていない彼氏から
従兄弟に会わせたいって言われたんです。
彼が言うには、従兄弟に彼女が出来たこと話したら会いたがっちゃって今度夕飯食べにおいでよ!とのこと、、。

「うん」とは言ったものの付き合って1ヶ月も経って無いのにいきなり親族と食事と聞くと前日から緊張で胃が痛くなってました(´ω`;)

当日は仕事が終わると彼が車で迎えにきてくれて、そのまま従兄弟夫婦のお家へ。
そしたら、まさかの従兄弟カップルまで待ってました。
鍋パーティーで乾杯して付き合った馴れ初めなんか話しながらお酒のおかげもあり少しずつ楽しくなってました。
しかし、従兄弟が次出したのが赤ワイン!!!!
私ワインは好きだけど、弱いんです。
彼氏はまだそんな私を知らないし、従兄弟の出すもの断るわけにもいかず一杯だけと思いながらいただいたのが運の尽きだったように思います!笑

一杯飲んで気づくとまた注ぎ足されている(*_*)
その繰り返しでベロベロになりました。
今回想してもその時の記憶が曖昧です。
彼氏にワインをこぼしてワイシャツがシミになったのとは覚えています。
良かったのは人の家、ましてや彼の従兄弟の家で吐かなかったことだけ。

車だったので飲まなかった彼にはその時の私がどう映ったのかと考えるだけでも恐ろしい。
送ってもらう車の中でもよく話し、よく泣いてたそう。

次の日は曖昧な記憶とやってしまった感で時間よ戻れと真剣に願った日です。
彼には心の底から謝りました。
嫌われたけどまだ付き合ったばかりだし別れるだろうと思っていました。
でも、全然引かないし、むしろワインが弱いこと知らなかったから知れて良かった。苦手なお酒聞いておけば良かったね、なんて言う始末。

優しすぎる彼は、なんと今では主人です。
その後従兄弟に会った時はすぐさま正座で謝りに行きました。今では結婚して仲良くしていますが、その時はあの彼女やめた方がいいですと言われたはずです。

その失敗があってからワインは飲んでいません。
本当はスキなんだけど、これは旦那にも言えません。

美肌の秘訣ってなんだろう

なんだか最近化粧のノリが悪くて朝もテンションが上がらないな〜って。
手触りもいつもとなんか違うし、化粧水塗る時触るのなんか嫌だーって感じで。
いつもと変わらない事してるのにたまにやってくるお肌のピンチ。
誰になんか今日の肌違うかな?って聞いてもそんなにいつもと変わらないんじゃない?って言われるけど、触ると違うんだよな、っていつも思うんだよね。

お肌の綺麗な人はどんなケアしてるのか気になる。いっぱい保湿してたりエステ行ったりなのかなー。
毛穴も気になってくるし、早くどうにかしないといけないんだよね。
最近は昔よりも肌トラブルも起きやすくなってるからね。

目標はすっぴんでもつるんとした綺麗な肌だね。
毛穴も目立たずタマゴ肌できめ細かかったら最高。
化粧をしたらさらに綺麗でツヤ肌になったら1日の気分も上がっちゃう気がする。

でも検索してたらいい方法見つけた(^^)
洗顔ブラシがあったー。洗顔の時に毎日使うんだ!
結構面倒くさがりだからちゃんと頑張って使わないとー。
洗顔泡立てるのも大変だから洗顔ブラシが私には合ってるのかな(^^)
もっといい方法もあるかもしれないから誰か教えてくれないかなー。いや、自分でももっと探してみなきゃ。

無理な飲み方で大失敗した20歳の私

私は20歳になった時、お酒を飲めることが嬉しくて色々な種類に挑戦していました。
しかし、両親もそうなんですが、私は所謂「ザル」で、飲んでも飲んでもあまり酔っ払うことがなかったのです。
といっても若かったので飲んでいたのは梅酒や果実酒など、ロックといっても甘くて飲みやすい、程々の度数のものだったのですが…。
もっと思いっきり酔っ払ってみたいと思った私は、ウィスキーのロックをとりあえずシングルで頼んでみました。
最初はあまり美味しいと思えるものではなかったんですが、お酒を飲んでいるという感覚があって、どんどん飲んでしまいました。
どれくらい飲んだのか覚えていないんですが、頭がフワフワしてきて、お酒ってこんなに楽しいものなんだ、と思いました。
しかし、楽しんでいたことまでは覚えているんですが、気付いたら私は家の玄関の前で寝ていました。
一瞬何が起きたのか分からなかったですが、どうやら私は飲み過ぎて一人で歩けないくらいになってしまったようです。
友人がどうにかタクシーの中に押し込んで、家の前まで送るように運転手さんに伝えてくれたようなんですが、私はそのままそこで寝てしまったようでした。
恥ずかしくて外を歩けない!友人に顔向けできない!と穴があったら入りたい気分でしたが、風邪を引かなかっただけ良かったと思っています…。

 

好きな先輩の前で醜態をさらした酔っ払い

大学院に通っていたときのことです。
所属していた研究室の忘年会があり参加しました。
当時は、同じ研究室の1つ先輩の女性に恋心を抱いており、いつもは研究室の飲み会に参加しないその先輩も珍しく参加するとあって若干ウキウキしながら参加したのを覚えています。
忘年会は、同級生や先輩や教授たちと他愛もない話で盛り上がり、健全な学生の飲み会といった雰囲気でした。その後に2次会も開催され、皆酔ってきたこともあり各々好きなように盛り上がり、何事もなく終わりました。
「なにごともなく」と思っていたのですが、大好きな先輩が参加していたことに浮かれすぎて、お酒を飲む量やペースがいつもより早くて多いことに全然気づいていませんでした。しかも、憧れの先輩の前でかっこつけようとして、いつもよりアルコール度数の高いお酒を頼んでみたり、飲んだこともないようなおしゃれなカクテルを注文してみたりと、明らかに悪酔いまっしぐらのチャンポンな飲み方でした。そこでプラスビューティーという吸う美容液もくゆらせながら。

その結果、2次会が終わって解散というときに、私はタクシーのボンネットを叩いたり、フラフラと道路の真ん中を歩いたり、今までに経験したことのない悪態っぷりを見せてしまう、とても残念な酔っ払いに成り下がっていました。そしてその後、研究室の仲間たちが私をそのまま帰すのは危険と判断して、あろうことか解散場所から1番家が近かった好きな先輩の家に担ぎ込まれ、みんなに介抱されて朝を迎える自体となってしまいました。
情けなくて、自分を殴ってやりたい気持ちになり、何度も先輩に頭を下げて謝まりました。

 

自分が主役の歓迎会での失敗

私は2009年の春に新入社員として今の会社に入社しました。2009年というと、リーマンショックの影響もあり就職するのが非常に困難な時代でもありました。そんな時代だからこそ今の会社に就職が決まった時は非常にうれしく、絶対成功してやろうと心に誓っていました。そして、入社式も終わりいろいろなことを学びに研修をしている最中にお酒の席に呼ばれることもありました。私はそれまでお酒をあまり飲んだことがなく、実質デビュー戦でした。その時は、まだお酒を飲んだ経験がなく、自分の限界がわからないので抑えながらお酒を飲んでいました。その時同席している人から聞くには、私はお酒を飲むとよく喋るようになるらしいです。その時の私の酒癖を聞いて「なんだ、かわいいもんだな。」と思いました。今考えるとただの油断でした。そして無事に研修も終わり、各職場に配属されることになりました。配属されてしばらくすると私の歓迎会がありました。私は今の会社で成功してやろうと思っていたので、お酒の席はコミュニケーションをとる大事な場だと思っていました。いざ歓迎会が始まると、いろいろな人にお酒をつぎに行っていました。その都度毎回いろんな種類のお酒いっぱい飲みました。そして、1次会も終わり2次会に向かう最中にバスに乗っていた影響もあるのか一気に具合が悪くなりました。2次会のスナックに着く頃にはピークに達しトイレに直行し吐き続けました。心配してくれた職場の人が様子を見に来た時には、顔面蒼白だったらしいです。すぐにタクシーを呼ばれ強制的に帰らされました。自分が主役でみんなとコミュニケーションをとりたいと思っていたのに逆に迷惑をかけてしまいました。後日出社したときにみんなに謝りましたが、みんな笑っていました。今でもその話は笑い話となっていますが、「お酒はほどほどに」を実感させられた日になりました。

 

自分の限界値を知ることがどれだけ大切か…!

もう10年以上前のこと…。
当時私は大学生でした。今となってはかなりの黒歴史ですが、私はかなり酒癖が悪くよくまああの頃から変わらず仲良くしてくれる友人がいまだにいるなと自分でもびっくりするぐらいです。
大学としては珍しいことかもしれませんが、私の大学はクラス制でそれなりに同じクラスの子たちとは仲良く過ごしていました。
理系の学部だったので、同じクラスの学生と課題をこなすような授業も多く、その打ち上げでの出来事です。
クラス単位の大きな飲み会でした。まあ若かったので(それを理由にするのもどうかと思いますが…)自分の限界値がまだまだ把握しきれていなかったのです。
かなーり飲みすぎました。量もそうですが、チャンポンしまくってしまいました…。カクテルを飲んでる自分って大人!と今思うと相当おバカな勘違いで飲み上げました。
帰り道、道端でひっくりか帰っていました。しかもおしゃれなお店の前で…
思い出すと今でも相当恥ずかしいのですが、そのお店の人はかなり親切な人で、何度も私を起こしてくれたのだと思います。
でも全然気づかず…。ふと気づくとあたたかな毛布がかかっていました。(この飲み会は忘年会も兼ねていたので12月!)
もう本当に自分の馬鹿さ加減が嫌になり毛布をかなり丁寧に畳んで、心のなかでしっかりお礼を言って立ち去りました。
その後しばらくそのお店の前は通れずでした。
飲み方を改めようと心に決めた日でした。

 

失敗が恋のキューピッドになった話

10年以上前の話です。
私はお酒は大好きなのですが、お酒に飲まれやすいタイプでちょくちょく記憶をなくして友人に介抱をしてもらうというのはザラでした。
そんな中でも、吐いてしまう事はなくその点においては自信がありました。
当時付き合っていた彼氏の友人と私の幼馴染を紹介するために飲み会を開き4人で楽しく飲み始めました。
しかし、その日はとても暑く私は仕事終わりで疲れていたり生理中だったこともありいつもより酔いが回るのが早い気がしていました。
彼氏も友人達も飲むペースが早く、私も追いつこうとビールをがんがん飲みました。
1
軒目の居酒屋から2軒目に移動しようと店の外でタクシーを待っている時だったと思います。
突然目が回り、頭がぐらっとして強い吐き気を催してそこにあった植え込みにゲーっと吐いて倒れ込んでしまいました。
彼氏も友人達もびっくりしてゲロまみれの私をタクシーにのせる訳にも行かないので1番近い彼氏の友人の家まで3人で抱えて行って、幼馴染がシャワーを浴びさせてくれ服を借りて家まで送り届けてくれたのです。
幼馴染は保育士さんをしていたので、私が吐いてしまった時も冷静に対処してくれてテキパキと介抱してくれました。
その姿に彼氏の友人が惚れて付き合いました。
それから3年後に2人は結婚しました。ファストザイム
今でも付き合いがありますが、変わらずラブラブです。
お酒に飲まれて大失敗をしてしまいみんなに迷惑をかけてしましたが、2人のキューピッドになれたのでそれが救いです。
まあ、私は彼氏と別れてしまいましたが…。

 

失恋から地獄の二日酔い

あれは22歳の時でした。会社の人と飲み会の最中に当時付き合っていた彼氏に連絡する事があったので、会社の人に断り中座して電話をかけに行きました。電話が繋がり言われた一言「別れて」頭が真っ白(/。\)私は明日のデートの時間を確認するために電話したのに結局別れるようになり、飲み会の席に戻った私は大号泣(ToT)日本酒一升一本頼み半分以上一人で飲み干し、会社の飲み会なのに、暴れて、泣いて、道路で泣きながら寝てしまっていたそうです。これは道路でねてしまった私を送ってくれた会社の先輩が教えてくれました。
日本酒一升近く呑んでしまった私に待っていたのは、地獄の二日酔い.。明け方からトイレの住人に成り下がった私。吐いて水飲んで、吐いて水飲んでを繰り返していたが良くはならない。でも平日だから会社に出勤しなくてはならない時間。這うような気持ちで出勤したけど、業務開始の時間までトイレにこもり、始まったら机に突っ伏し、とうとう人の顔見るだけで吐いてしまう始末。そんな私を上司の一言。「役にたってないから帰れ」の止め普通なら頑張るだろうけど、考える頭も無かったので素直に帰りました。人生初のひどい二日酔い。46年生きてワースト一位の酒の失敗です。