失敗が恋のキューピッドになった話

10年以上前の話です。
私はお酒は大好きなのですが、お酒に飲まれやすいタイプでちょくちょく記憶をなくして友人に介抱をしてもらうというのはザラでした。
そんな中でも、吐いてしまう事はなくその点においては自信がありました。
当時付き合っていた彼氏の友人と私の幼馴染を紹介するために飲み会を開き4人で楽しく飲み始めました。
しかし、その日はとても暑く私は仕事終わりで疲れていたり生理中だったこともありいつもより酔いが回るのが早い気がしていました。
彼氏も友人達も飲むペースが早く、私も追いつこうとビールをがんがん飲みました。
1
軒目の居酒屋から2軒目に移動しようと店の外でタクシーを待っている時だったと思います。
突然目が回り、頭がぐらっとして強い吐き気を催してそこにあった植え込みにゲーっと吐いて倒れ込んでしまいました。
彼氏も友人達もびっくりしてゲロまみれの私をタクシーにのせる訳にも行かないので1番近い彼氏の友人の家まで3人で抱えて行って、幼馴染がシャワーを浴びさせてくれ服を借りて家まで送り届けてくれたのです。
幼馴染は保育士さんをしていたので、私が吐いてしまった時も冷静に対処してくれてテキパキと介抱してくれました。
その姿に彼氏の友人が惚れて付き合いました。
それから3年後に2人は結婚しました。ファストザイム
今でも付き合いがありますが、変わらずラブラブです。
お酒に飲まれて大失敗をしてしまいみんなに迷惑をかけてしましたが、2人のキューピッドになれたのでそれが救いです。
まあ、私は彼氏と別れてしまいましたが…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です