自分が主役の歓迎会での失敗

私は2009年の春に新入社員として今の会社に入社しました。2009年というと、リーマンショックの影響もあり就職するのが非常に困難な時代でもありました。そんな時代だからこそ今の会社に就職が決まった時は非常にうれしく、絶対成功してやろうと心に誓っていました。そして、入社式も終わりいろいろなことを学びに研修をしている最中にお酒の席に呼ばれることもありました。私はそれまでお酒をあまり飲んだことがなく、実質デビュー戦でした。その時は、まだお酒を飲んだ経験がなく、自分の限界がわからないので抑えながらお酒を飲んでいました。その時同席している人から聞くには、私はお酒を飲むとよく喋るようになるらしいです。その時の私の酒癖を聞いて「なんだ、かわいいもんだな。」と思いました。今考えるとただの油断でした。そして無事に研修も終わり、各職場に配属されることになりました。配属されてしばらくすると私の歓迎会がありました。私は今の会社で成功してやろうと思っていたので、お酒の席はコミュニケーションをとる大事な場だと思っていました。いざ歓迎会が始まると、いろいろな人にお酒をつぎに行っていました。その都度毎回いろんな種類のお酒いっぱい飲みました。そして、1次会も終わり2次会に向かう最中にバスに乗っていた影響もあるのか一気に具合が悪くなりました。2次会のスナックに着く頃にはピークに達しトイレに直行し吐き続けました。心配してくれた職場の人が様子を見に来た時には、顔面蒼白だったらしいです。すぐにタクシーを呼ばれ強制的に帰らされました。自分が主役でみんなとコミュニケーションをとりたいと思っていたのに逆に迷惑をかけてしまいました。後日出社したときにみんなに謝りましたが、みんな笑っていました。今でもその話は笑い話となっていますが、「お酒はほどほどに」を実感させられた日になりました。

 

自分の限界値を知ることがどれだけ大切か…!

もう10年以上前のこと…。
当時私は大学生でした。今となってはかなりの黒歴史ですが、私はかなり酒癖が悪くよくまああの頃から変わらず仲良くしてくれる友人がいまだにいるなと自分でもびっくりするぐらいです。
大学としては珍しいことかもしれませんが、私の大学はクラス制でそれなりに同じクラスの子たちとは仲良く過ごしていました。
理系の学部だったので、同じクラスの学生と課題をこなすような授業も多く、その打ち上げでの出来事です。
クラス単位の大きな飲み会でした。まあ若かったので(それを理由にするのもどうかと思いますが…)自分の限界値がまだまだ把握しきれていなかったのです。
かなーり飲みすぎました。量もそうですが、チャンポンしまくってしまいました…。カクテルを飲んでる自分って大人!と今思うと相当おバカな勘違いで飲み上げました。
帰り道、道端でひっくりか帰っていました。しかもおしゃれなお店の前で…
思い出すと今でも相当恥ずかしいのですが、そのお店の人はかなり親切な人で、何度も私を起こしてくれたのだと思います。
でも全然気づかず…。ふと気づくとあたたかな毛布がかかっていました。(この飲み会は忘年会も兼ねていたので12月!)
もう本当に自分の馬鹿さ加減が嫌になり毛布をかなり丁寧に畳んで、心のなかでしっかりお礼を言って立ち去りました。
その後しばらくそのお店の前は通れずでした。
飲み方を改めようと心に決めた日でした。

 

失敗が恋のキューピッドになった話

10年以上前の話です。
私はお酒は大好きなのですが、お酒に飲まれやすいタイプでちょくちょく記憶をなくして友人に介抱をしてもらうというのはザラでした。
そんな中でも、吐いてしまう事はなくその点においては自信がありました。
当時付き合っていた彼氏の友人と私の幼馴染を紹介するために飲み会を開き4人で楽しく飲み始めました。
しかし、その日はとても暑く私は仕事終わりで疲れていたり生理中だったこともありいつもより酔いが回るのが早い気がしていました。
彼氏も友人達も飲むペースが早く、私も追いつこうとビールをがんがん飲みました。
1
軒目の居酒屋から2軒目に移動しようと店の外でタクシーを待っている時だったと思います。
突然目が回り、頭がぐらっとして強い吐き気を催してそこにあった植え込みにゲーっと吐いて倒れ込んでしまいました。
彼氏も友人達もびっくりしてゲロまみれの私をタクシーにのせる訳にも行かないので1番近い彼氏の友人の家まで3人で抱えて行って、幼馴染がシャワーを浴びさせてくれ服を借りて家まで送り届けてくれたのです。
幼馴染は保育士さんをしていたので、私が吐いてしまった時も冷静に対処してくれてテキパキと介抱してくれました。
その姿に彼氏の友人が惚れて付き合いました。
それから3年後に2人は結婚しました。ファストザイム
今でも付き合いがありますが、変わらずラブラブです。
お酒に飲まれて大失敗をしてしまいみんなに迷惑をかけてしましたが、2人のキューピッドになれたのでそれが救いです。
まあ、私は彼氏と別れてしまいましたが…。

 

失恋から地獄の二日酔い

あれは22歳の時でした。会社の人と飲み会の最中に当時付き合っていた彼氏に連絡する事があったので、会社の人に断り中座して電話をかけに行きました。電話が繋がり言われた一言「別れて」頭が真っ白(/。\)私は明日のデートの時間を確認するために電話したのに結局別れるようになり、飲み会の席に戻った私は大号泣(ToT)日本酒一升一本頼み半分以上一人で飲み干し、会社の飲み会なのに、暴れて、泣いて、道路で泣きながら寝てしまっていたそうです。これは道路でねてしまった私を送ってくれた会社の先輩が教えてくれました。
日本酒一升近く呑んでしまった私に待っていたのは、地獄の二日酔い.。明け方からトイレの住人に成り下がった私。吐いて水飲んで、吐いて水飲んでを繰り返していたが良くはならない。でも平日だから会社に出勤しなくてはならない時間。這うような気持ちで出勤したけど、業務開始の時間までトイレにこもり、始まったら机に突っ伏し、とうとう人の顔見るだけで吐いてしまう始末。そんな私を上司の一言。「役にたってないから帰れ」の止め普通なら頑張るだろうけど、考える頭も無かったので素直に帰りました。人生初のひどい二日酔い。46年生きてワースト一位の酒の失敗です。